美容

冬も油断しない

背中

紫外線の知識

美白の最大の敵はシミと紫外線です。紫外線にも波長により種類があり、A波は生活紫外線と呼ばれ冬でも降り注いでいます。もちろん夏に比べるとかなり少ないですが、肌の奥まで到達するためシミの原因になります。また夏に比べ美白のために手入れされてない方も多いため冬でも危険です。B波は紫外線のイメージ通り肌にかなりのダメージを与え、色が黒くなる原因です。ただ肌の奥まで浸透することができないため、シミの原因にはなりにくいです。もう一つ最近問題になっているC波は強力すぎて皮膚がんの原因にもなります。これはほとんどオゾン層で吸収されるのですが、殺菌灯などに使われているため暴露する可能性が高いです。C波はガラスで遮蔽できます。

日焼け止め対策

美白のためにはビタミンCなどが有効だとされています。冬野菜には美白に欠かせないビタミンcやベータカロテンが含まれたものが多いです。特に熱による分解を受けにくいものもあり冬野菜の摂取をお勧めします。さらにシミの原因として皮膚の乾燥も影響します。しわ予防のためにも保湿クリームや湿度を適切に保つことが大切です。しわができると紫外線の影響を翌年に皮膚の内部まで受けるためシミができやすくなるため、冬のお手入れは夏以上に大切です。また保湿クリーム以外にも、日頃の紫外線対策のために日焼け止めを必ず塗るようにすることも大切です。そうすればシミを防ぐことが出来ますし、美白に一歩近づきます。家の中にいるときにも、窓から紫外線は入ってくるので、なるべく日焼け止めは塗るようにしましょう。外に出るときにはSPFやPAの値が大きいもの、家の中では値の小さいものを使用することで、肌への負担を少なくすることが可能になります。シミは一度できると皮膚のターンオーバーを改善するだけではなかなか治りにくい傾向にあります。またシミのせいで見た目、美白が低下するため予防が重要になってきます。